レディー

敏感肌のケア方法【肌を守れる化粧品の選び方】

肌が弱い方のスキンケア

顔を拭く人

敏感肌に悩んでいるという声を耳にすることがあります。敏感肌には乾燥性のものと脂性のものがあり、それぞれ異なったタイプの化粧品が販売されています。専用の化粧品でケアすることによって、アレルギーを防いだり肌を健康に保つことができると考えられています。

詳しく見る

肌が弱い人の基礎化粧品

美容液

敏感肌の人は肌のバリア機能が弱いため、バリア機能を回復させる基礎化粧品を使用することが大切になる。敏感肌用の基礎化粧品には、ビタミンC誘導体やヒト型ナノセラミドなどの美肌成分が配合されており、肌のバリア機能を回復させる。

詳しく見る

大切なのは保湿すること

スキンケア

敏感肌は生まれつきの人と年齢を重ねてなる場合があります。生まれつきの人は遺伝的要素が考えられます。年齢を重ねて肌が敏感になる人は、ホルモンバランスの乱れや不規則な生活が原因ということが多いそうです。敏感肌で気をつけなくてはならないのが、水分維持です。水分をコントロールする化粧品選びが重要となります。化粧品には、水分を挟み込んで維持するタイプと包みこんで維持するタイプがあります。この2つのタイプを一緒に与えると、しっとりした健康的な肌をキープできるそうです。水分を挟み込む成分で有名なのが、セラミドです。セラミドは細胞と細胞の間で水分をガッチリキープして、肌を潤わします。包み込むタイプには、ヒアルロン酸があります。

セラミドとヒアルロン酸配合の化粧品を使用すると、角質層の隅々まで成分が行き渡ります。使用し続けると肌表面のキメが整い、敏感肌の症状も落ち着くそうです。セラミドとヒアルロン酸が配合された化粧品は、各メーカーからさまざまな商品が販売されています。化粧品は毎日与えることで効果を発揮できます。毎日使用するには、自分好みの使用感であるかが大切です。自分好みの使用感に出会うためには、とにかくいろいろな商品を試すことだと言われています。成分表を確認しつつ、実際に自分の肌で試すことが大切です。また敏感肌の人は刺激のある化粧品は御法度です。中でもパラベンやアルコール入りの化粧品はなるべく避けるようにします。

レシチン配合の化粧品

鏡を見る女の人

肌トラブルをおこしやすい肌質として敏感肌の人が挙げられますが、お手入れは慎重にならなくてはなりません。刺激が弱く水分量を保つレシチン配合の化粧品が適しています。毎日使用すると、丈夫で健康的な肌を維持できるそうです。

詳しく見る