頬を触る婦人

敏感肌のケア方法【肌を守れる化粧品の選び方】

肌が弱い人の基礎化粧品

美容液

負担のない基礎化粧品

肌が弱い敏感肌の人は、肌質に合った基礎化粧品を使うことが大切になる。敏感肌の人は値段が高い高級化粧品を使用しても、肌に合っていなければ肌にダメージを与えてしまう。敏感肌の人は肌のバリア機能が弱いため、外部から刺激を受けたり雑菌が侵入すると肌荒れを起こすことが多い。敏感肌の人は肌のバリア機能を回復させる基礎化粧品を使うことが大事になる。敏感肌の人向けの基礎化粧品は重ね塗りが不要で、ひとつの化粧品だけでスキンケアをすることができる。肌の再生力を高めるためにビタミンC誘導体が配合されており、衰えたバリア機能を回復へと導いてくれる。敏感肌用の基礎化粧品はセラミドなどの天然保湿因子が豊富に含まれており、肌に潤いを与えて肌のバリア機能を強化する。

基礎化粧品の今後

敏感肌の人は加齢による肌の劣化が進行しやすいため、普通の人よりも念入りにエイジングケアをすることが必要になる。最近は、敏感肌のエイジングケア用の基礎化粧品が増えてきており、大勢の敏感肌の女性が愛用している。敏感肌の人は角層が荒れやすいため、肌のバリア機能が弱いことが特徴である。エイジングケア用の基礎化粧品にはヒト型ナノセラミド等の保湿成分が配合されており、肌のバリア機能を回復させる。最近の基礎化粧品の保湿成分にはセラミドが使用されるケースが多く、今後もセラミドを配合した基礎化粧品が増えると予測される。保湿成分の浸透性を良くするために、セラミドをナノ化したヒト型ナノセラミドもますます普及すると考えられる。